家の売却は誰に頼むべきか|売る前に行なうことは沢山!不動産売却で失敗しない方法

売る前に行なうことは沢山!不動産売却で失敗しない方法

家の売却は誰に頼むべきか

相談

弁護士と専門業者の違い

家を任意売却したい時には、どこに相談すればいいのでしょうか。この場合は主に、弁護士または専門の任意売却業者に相談することになります。弁護士の場合は、売却した金額から報酬を支払います。この場合は最低で20万円から30万円、多い時は50万円を超える場合もあります。まず依頼する前によく話をしてから、決めるようにしましょう。一方で専門業者の場合は、基本的に無料です。これは、売却額から直接報酬を受け取るためです。特に任意売却は、ローンが払えずお金が無い時に行うので、無料というのは大変魅力的ですが、一方で、高額な転居費用をちらつかせる業者もいます。そのような業者は、中には悪質な所もありますので、できるだけ避けるようにしましょう。

競売にかけないメリット

ところでこの任意売却は、競売にかけられる前、ローンが払えなくなった時に、すぐに相談に行くようにしましょう。そうでないとすぐ落札が始まって競売となり、家に関係者が立ち入るようになって、競売の事実が近所にわかってしまうこともあります。また競売になると、市場価格よりもはるかに安い金額で売却され、しかも転居の費用も出ませんし、退去日を自分で決めることもできません。任意売却の場合のメリットは、こういったことが無いことに加え、もし生活を支援しれくれる人がいれば、そのままその家に住み続けられることです。もちろん早めに相談に行き、弁護士か専門業者化の判断をしなければなりませんが、様々な点から考えると、やはり任意売却の方がお勧めです。